当事務所の特徴について説明します。

1人1人が主役の事務所作り

設立してからまだ10年目の比較的若い事務所です。所員同士の年齢が近いので、明るく和気藹々としています。

将来的には、福井県全域の事件を幅広く取り扱える福井でも有数の事務所にしていきたいと考えているので、事務所として新人弁護士の成長は大切にし、まずは一人前の弁護士として力をつけることに重きを置いています。その上で、他の弁護士・所員と協力することで、より高いレベルのサービスを提供しています。

時代に対応した事務所作り

伝統的な気概を大事にしつつも、時代に対応した事務所作りが求められていると考えています。そのため、事務所HPの他にも交通事故や離婚、相続の専門サイトを作成しています。所長は、積極的な異業種との交流も行っています。

事務所としては、交通事故(被害者側)、離婚、相続、債務整理といった個人の依頼者向けの業務分野に力を入れています。将来的には、中小企業向けの企業法務分野も積極的に開拓していきたいと考えています。

居心地がよく、成長を実感できる環境

設立当初から、弁護士と事務員が共に居心地のよい雰囲気づくりを心がけてきました。特に、他事務所と比べると弁護士と事務員の距離が近く、お互い分からないことは聞きやすい雰囲気があります。また成長の観点から、まずは自分で調べて考えることを大切にしています。そして分からないことは、弁護士や事務員に気軽に聞き解消することができるため、弁護士として必要になる知識・技術などについては、早い段階で習得できます。

事務所の経営に関する数値も公開されているため、とても風通しの良い事務所です。

今後もふくい総合法律事務所で働いていることに満足を感じ、誇りに思えるような事務所づくりを目指します。

多様な案件を経験できる事務所

地方の事務所ですので、様々な事件があります。

事務所の事件として多いのは、交通事故(被害者側)が多いですが、離婚、相続、債務整理、企業法務(中小企業関係)、刑事など様々な事件があります。基本的には、依頼された事件は断らない方針でやっています。

ただし、交通事故業務の関係から医療過誤事件の患者側は受任しない方針でやっています。

地方の事務所なので、弁護士会、法テラスからの案件(法律相談・刑事事件等)も比較的多くあります。

採用についてご興味のある方は、是非事務所までお問い合わせください。