NOW LOADING

依頼者の真の望みのために行動する

弁護士
土屋 裕司

プロフィール

平成05年(1993年) 兵庫県神戸市生まれ
平成28年(2016年) 大阪大学法学部卒業
平成30年(2018年) 京都大学法学研究科法曹養成専攻(法科大学院)卒業
平成30年(2018年) 司法試験合格
令和01年(2019年) 司法修習修了
令和02年(2020年) 弁護士登録(福井弁護士会)
弁護士法人ふくい総合法律事務所に入所

依頼者にとって最善の利益を実現するという気概と意識

私が仕事をする上で大切にしていることは、依頼者の話をよく聞き、共感し、依頼者の真の望みのために行動するということです。
弁護士に相談する際、どのように相談したらいいのだろう、解決のためにどのような手段があるのだろう、と考える方もおられると思います。そのように漠然としたものであっても、依頼者の話に耳を傾け、真の望みをくみ取り、依頼者の最善の利益のために行動することが必要です。相談してよかった、依頼してよかったと感じていただきたいと思います。
そのためにも、依頼者にとっての最善の利益を実現するという気概と意識をもって、弁護活動に臨みたいと思います。

福井という土地や事務所、先生方の雰囲気に惹かれました

福井という土地や事務所、先生方の雰囲気に惹かれました

私は、福井には子どものころによく旅行に来て、カニを食べたり恐竜を見たりした思い出があります。それ以外に福井には特に地縁はありません。
しかし、この福井という土地や事務所、先生方の雰囲気に惹かれ、この地で働いてみたいと思いました。
住み始めると、福井の皆様がとても温かい方々であるとすぐに感じました。食べ物もおいしく、過ごしていてとても快適に感じています。

依頼者にとって
最善の利益を実現する

依頼者にとって
最善の利益を実現する

大切にしていることは、依頼者の話をよく聞き、共感し、依頼者の真の望みのために行動するということ。その為には、依頼者の話に耳を傾け、真の望みをくみ取り、依頼者の最善の利益のために行動することが必要です。

スケジュール

とある1日のスケジュール

09:00 朝礼、スケジュール確認
10:00 クライアントと打ち合わせ
12:00 休憩
13:00 法律相談
15:00 研修に参加
17:00 クライアントに進捗の連絡、書面作成

週間スケジュール

弁護士会主催相談会の相談員
裁判所へ出廷・デスクワーク
裁判所へ出廷・デスクワーク
研修に参加
裁判所へ出廷・デスクワーク
弁護士会主催相談会の相談員
福井市内を探訪

INTRODUCTION スタッフ紹介

当事務所で執務する経験豊かな弁護士が、業務内容をはじめ、目指す姿や、事務所内外の活動等について語ります。インタビューの中には、福井県という場所で執務する事に関しての魅力についてのメッセージもあります。